価格.com 自動車保険

2005年4月30日

●虫が着くのは嫌い

水を弾くボンネット


高速走行をすると必ずと言っていいほどボディーに虫が着く。この季節はまだ少ないからいいけど夏になると凄いことになる。フロントグリルやボンネットやミラーなど、そしてフロントガラスに着いた時なんか「ベチャッ!」「ワー」ってな感じで。

昨日、ロングドライブから帰ってきてしっかり虫が着いていたので洗車を実行。水圧を強めに水をかけると意外に汚れが簡単に落ちた。ボディーの水の弾きもよくコーディングの効果がここにも現れたようだ。それにしても小さい虫がグリルの隙間やライトとボディーの隙間などどこにでも入ってしまうのはイヤだ。これを防ぐ方法があればいいのだが、無いだろうな。とにかくこまめに洗車をするしかないか。


【コーティング実施より7日経過 洗車2回目】

Posted by nobita at 19:15 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●ロングドライヴ

4月28日は新潟の両親の所に行き、29日は福島回りで帰ってきた。

1日目 さいたま市-東松山IC(東北道)=小出IC-R17-R252-魚沼市
2日目 魚沼市-R252-R290-三川IC(磐越道)=郡山JC(東北道)=二本松IC-R459-岩代町-本宮町-R4-郡山市-郡山南IC(東北道)=久喜IC-さいたま市

走行距離692㎞ 燃費13.3㎞

久々によく走った。特に2日目は約500㎞も走った。シートのポジショニングがやや前なのでシートベルトが肩に強めに掛かるので走行時間が長いと肩が凝る。もうちょっとシートベルトの角度が緩ければと思うけど、2ドアだと仕方がないのかも。

Posted by nobita at 19:02 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月27日

●出勤前に洗車

水を弾くボディー


明日は朝早くから出かけるので、その前に洗車をした。コーティングの成果を確かめるべく水洗いをしたところ、水の弾きがよくてコーティングが効いているようだ。ふき取りも簡単でいつもよりも短時間で洗車が終わった。コーティング効果の持続が7ヶ月とか書いてあったけど果たしてどれだけ持つのかな。(あまりに水の弾きがよくて流れてしまうので写真を撮るのに苦労しちゃった)


【コーティング実施より4日経過 洗車1回目】

Posted by nobita at 13:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月23日

●コーティングに挑戦

コーティングでピカピカ


ボディーの水の弾きが悪くなってきたのでボディーコーティングをやってみた。使ったコート剤はタイホー工業(クリンビュー)の<イオンコート TYPE G>。説明書に書いてあるとおりに水洗いをして、よく水を拭き取り、コーティング剤を添付のスポンジを使って薄くすり込み、表面が白く乾いてきたら拭きとる。拭き残しがないように何度も表面を確認しながら新しいウェスでふき取ってみた。とりあえずピカピカになった。あとは水を弾くかどうかだね。


Posted by nobita at 14:18 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月15日

●NEWアルファ147を見てきた

アルファロメオ麻布十番でNEWアルファ147を見てきた。写真やCMで見るのとは違ってフロントマスクはなかなかいい。今までの147は女性的な優雅なフロントマスクだったが、今度の147は男性的で威圧的なフロントマスクになっていると感じた。新しいデザインのホイールだがこれはイタリアらしさがなくてちょっとガッカリ。


リアに目を移すとテールゲートが一部モノクロム仕上げになっていたり、リアバンパーがデュアルマフラー対応になっていたりと今までとだいぶ違う。デュアル出し対応になってはいるもののメーカーでデュアルマフラーのオプションはないらしい。


エクステリアはメーターが僕の好きな3連メーターからいわゆる普通のメーターボックスに変わってしまった。オーディオはMP3対応で連想チェンジャーはなし。そして、標準のオーディオはBOSEシステムではなくなってしまった。じゃあどこのメーカーかと聞いてきたらドイツのメーカーらしい。音もメーカーも聞いていないが果たしてどんなもんなんだろう。


お土産に「NUOVA Alfa Vol.9」をもらって来た。


「NUOVA Alfa Vol.9」とNew Alfa147の案内

Posted by nobita at 19:37 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月10日

●入間郡毛呂山町にて

菜の花とアルファ

Posted by nobita at 22:35 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●アルファでお花見

桜とアルファ

Posted by nobita at 22:32 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月 8日

●ニューアルファ147のCM

いやービックリしたよ。ニューアルファ147のCMが流れているんだもの。タイヤのCMなどではALFA ROMEOを使っているは知っているけど、ALFA ROMEOのCMは初めて見たね。それにしても何故アルファ147だけCMを流すのだろうか?CMをやったからといって故障が多い伊太車はそんなに売れないよ

Posted by nobita at 17:23 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●2004年8月22日後編 スパイダーとの遭遇と初給油

高速に乗ってしばらくするとスパイダーがビュッと追い越して行く。「お、お~」と思いつつもアクセルと踏んで追走。勝手に後方につけたが、スパイダーのオーナーは嫌な気分を見せずに一定速度で走ってくれた。「さすがはアルファオーナーだ」とひとり納得。葛西ジャンクションでスパーダーとは分かれて湾岸線を走り代官山を目指した。


首都高を降りたのはいいのだが代官山までの道はサッパリ分からない。なので、何度も車を止めては地図で確認。そして、なんとか西郷山公園の近くまできて車を止めることが出来た。車から降りてイモビで「ピッ!」「グァシャ!」「おお~」いちいち感動してしまう自分に苦笑。待ち合わせの西郷山公園では彼女の勉強が終わるまでひたすらアルファの取説を読んだ。


勉強が終わった家人と納車記念と言うことでモンスーンカフェに行った。僕は運転するのでジュースを飲んだけど彼女はもちろんビール。店員がビールを僕の方に置いたのは言うまでもない(笑)。


一服したところでさあ帰ろうと思ったら「ねえ、せっかくだからドライブしない?」と彼女。慣れていない車に慣れていない道はちょっと嫌だったけど逆らえないのが僕。しかたなしに車を走らせてしばらくすると黒の147が後ろからビューッと抜いて行く。「おお、アルファだ」と喜んでいると今度はシルバーの147GTAが後ろにピタッと付けて、ビューッと抜いていく。今まで気にしていなかったけどアルファオーナーになったとたんにアルファが目につくようになってしまった。


甲州街道を府中方面に走っているときモニターに『警告と警告音』が。どうやら給油をしなさいと言うことらしい。でも、甲州街道って2車線+2車線で内側の車線を走っているとスタンドに入れないんだよね。あたふたしながらどうにかスタンドに車を入れると今度は給油口がどちらか分からない。愛想のないスタンドの親父が嫌な顔をして誘導してくれたまではいいのだが、今度は給油口をあける鍵が必要であたふた。そう言えば前オーナーがスペアキーを作ってくれていたのを思い出してそれを親父に渡すが、この親父が開け方が分からないようでなにやらがちゃがちゃと。「おい壊すなよ」と心で叫んだ。


満タンにして気分も落ち着いたらお腹がすいたのでラーメンを食べて帰って来た。長~い1日だったがこれでアルフィスタの仲間入り。家人もすっかりご満悦のようだし、アルファ147を買ってよかった。

Posted by nobita at 17:10 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月 7日

●2004年8月22日前編 納車

今日は待ちに待った納車の日。初めて車を買った日のように朝からソワソワして落ち着かない。この歳になってこんなにウキウキした気分になれるなんて思ってもみなかった。


昨日のオリンピックでは柔道の最重量級で男女ともに金メダルの快挙を達成。日本柔道界は全部で8個の金メダルを獲得した。テレビではメダルを取った柔道陣が各局でインタビュー責め。メダルを取った人の笑顔は実にいい。


午後1時。受け取りの為にデリカで最後のドライブ。約8年、家人と結婚してからの想い出がタップリ詰まった車だが、アルファロメオに対する期待感が大きくてあまり感傷的にはならなかった。デリカは大きな故障もなく、よく走ってくれた車だった。


午後2時、トーサイアポに着く。任意保険を今までのJAから保証がいろいろついている東京海上火災に変更した。その為の手続きをした。「アルファロメオは悪戯されるんですよね」のひと言で車両保険に入った。僕の場合は保険の等級が19等級なので今までの保険料にプラス2万円でグーンと保険が充実した。ちょっと、乗せられた感はあるがお守り代と思えば安いかなって。


保険の契約が終わった後は車のレクチャー。先々週に試乗しているので運転操作系はある程度覚えたが、外車に乗るのは初めてなので給油の際にキーを使うとか、イモビライザーについてとか、エアコンやオーディオの使い方をレクチャーしてもらった。そして、いよいよ乗り込んでアルファロメオを動かした。「そこで、ターンしてあそこの出口から出た方がいいですよ」というのでターンをしようとバックする体勢に入った。が、なんと視界の狭いことか。アルフィスタ達の日記などを読んでいて知ってはいたもののこれほどとは思わなかった。ぎこちなくバックする僕のアルファロメオを担当の方は優しく誘導してくれたお陰で無事ターン終了。免許を取って22年、車の運転でこんなに緊張したのは久しぶりだ。まるで免許をとったばかりの若葉マークの運転だった。


今日はこのまま初ドライブ。家人を迎えに代官山まで行った。三郷ICから首都高6号線に入り湾岸線を目指した。料金所を無事通過して(笑)本線へ入る。デリカとはあまりにも視界が違うのでドキドキもの。軽くアクセルを踏むとツインスパークが小気味よいエンジン音を立てて加速する。僕は軽くハンドルを切るだけで本線へ。デリカとの加速のギャップが大きいだけにちょっととまどう。


Posted by nobita at 17:05 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月 6日

●2004年8月16日 車庫証明

夏休み明けの月曜日だと言うのに車庫証明をとりに警察へ行った。申請をした時に共有の私道に車を止めるのはいけない(車庫証明は取れない)と言われたが、前回(デリカ)は同じ場所で取れてしまったので警察の方も「仕方がないわね。次回はダメだから」と言って車庫証明をもらって来た。車庫証明が取れればこっちのものだから、小言を言われてもにこやかに「はいはい」と小学生のようないい返事で受け応えてきた。


もらってきた車庫証明書をトーサイアポに送るのだが、速達だからどこで出しても同じだろうけど気分的に早く着いて欲しいので郵便局まで行って投函してきた。これで、書類は全部トーサイアポに送ったのであとはあちらで名義変更をしてもらい、お金を振り込めばいよいよアルフィスタの仲間入り。車の受け取りは週末の日曜日。あ~、待ち遠しい~。

Posted by nobita at 20:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月 4日

●ニュー「アルファ147」

20050404a.jpg


「ニュー」といってもマイナーチェンジですね。変更はブレラ顔になったフロントマスクとメーターパネルとあとちょこちょこと。精悍な顔つきになったのは僕の好みだけどメーターパネルは今の3連メーターの方が断然いいよな。


ブレラ顔だと日本のM社に似ているかも(笑)

Posted by nobita at 20:18 | Comments [0] | Trackbacks [1]

●2004年8月13日 イタリア自動車雑貨店

夏休みで暇だったのでイタリア自動車雑貨店に行った。


南北線の四谷駅で降りて新宿通を新宿方面へ歩いて5分ぐらいのところにイタリア自動車雑貨店はあった。着いてもいきなり店内には入らずにディスプレイを眺める。入り口の右側にはミニカーなどのが並べられていた。汗だくになりながらも見入ってしまうお馬鹿な僕。たまらず店内に入ると何とイタリアの香りが・・・(するわけないよな~)。


まず目に付くのはフェラーリのグッズ類。さすがフェラーリのエンブレムは強烈に存在感をアピールしていた。でも、僕のお目当てはアルファ関係のグッズなのでフェラーリを横目にアルファのキーホルダーを見入る。どれもいい。でも、貧困生活なので手持ちが少ない。今日は見るだけと決めていたのに眺めているうちに我慢できずに店の人に気に入ったキーホルダーを出してもらう(既に買う気満々)。手にとって眺めて使い勝手を試してついに「これをください」だって。あ~買ってしまった。今日はこれだけにしてもうちょっと店内を見てみようとグルグル回る。テールランプやシフトノブ、サイドブレーキカバーやエンブレム。アルフィスタ達がモディファイしているグッズがあるわあるわ。ふと見るとアルファロメオ関係の雑誌もおいてある。『ALFISTA』や『Alfa&Romeo』などなど。でも、僕の目にとまったのは『I LOVE ALFA 147&145』というなんとも素敵な雑誌だ。黄色いALFA 145が表紙で思わず手にとって眺めてそのまま小脇に抱えてしまった。どうしたいのか分からないまま雑誌を持って店内をうろつく。Tシャツを見たり、ミニカーを見たり。結局、キーホルダーと『I LOVE ALFA 147&145』を買ってしまった。少額の買い物ではあったけど大満足。


店から出て暑い日差しに照らされて我に返ると腹が減っている事に気が付いた。ちょっとだけ見るはずが1時間以上も居てしまった。近くのお店でビールを飲みながら『I LOVE ALFA 147&145』を読んだ。「もうすぐ僕もアルフィスタか~」と悦に入っているお馬鹿な僕を見ている店員の視線に気が付くはずがない。

Posted by nobita at 14:20 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年4月 1日

●2004年8月8日 購入

家人を連れてトーサイアポに行ってきた。家人にアルファ147とプジョー307を見せて「どっちが言いと思う?」と訊くと考えるまでもないという顔をして「アルファ!」に決めた。と勝手に決められてしまった。まあ、僕もアルファの方が乗って楽しいと思っていからいいんだけどね。


「じゃあ、試乗してみますか」と担当の方が言ってくれたので早速試乗してみた。とりあえず CITY MODE(いわゆるオートマチック)で走らせてみることにしたが、これが運転してみると低い。今までがデリカだったので視界の高低差がありすぎて怖い怖い。それでも、何とか走らせていると「ちょっと、飛ばしてみますか」と担当者。


長い直線があるところで「アクセルを踏んじゃってください」と言われた。だけど、そう言われてもいままでのデリカだとベタ踏みで110キロが精一杯だったし加速もトロトロだったので、最初は躊躇しながらもググッとアクセルと踏むと、心地よりエンジン音が車内に響き渡りギュイーンと加速した。体感速度が違うのと加速が違いすぎるのであっという間に120キロを超えたところでびびってしまった。それでも、同じ所を何回か走る内にすっかり魅了されたのは言うまでもない。ツインスパークのサウンドを何度か体験するたびに「決めた!」と心に叫ぶ自分がいた。


そして、興奮さめやらぬ前に契約書にサインをした。一応の手続きが終わって外に出ると、何台も並んでいるアルファの中に自分の(気が早い)アルファ147が・・・・思わずニンマリとしてしまった。

Posted by nobita at 17:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]